●村指定(彫刻)

木造不動明王立像

 用材は銀杏であり、像高71cm、台座27.5cmで原状を完全に保っている。不動を包む粗く彫った火炎は雄渾であり不動明王の顔面は繊細な中にもはげしい気魄を秘めた形相で実に躍動的である。

福栄村大字福井上堂ケ迫 宝宗寺
江戸時代 寛政10年(1798)
作者 木喰五行上人

もどる