●村指定(彫刻)

木造釈迦如来立像

 用材は銀杏であり、像高88.48cm。
 出山の釈迦像で、蓮台の上に立ち、衣を左肩にかけ両手でもって腰に束ね、頭髪は渦巻き、胸には肋骨が露に見え脛を出し素足である。

福栄村大字紫福永井 信盛寺
江戸時代 寛政10年(1798年)
作者 木喰五行上人

もどる