●村指定(建造物)

仏光寺楼門

 文殊堂が再建された寛文年間の17世紀に建立されたと考えられる。楼門に有った釣鐘は寛文11年(1671年)に造られている。また礎石のうち4基には、見島氏の名のはいった墓石が使用されており、歴史を観察する上にも興味が注がれる。楼門の美しい造りに文殊様と同様に地域の人々に勤しまれている。

福栄村大字紫福畑 所有者 仏光寺

もどる