●村指定(無形民俗)

義民おどり

指定 昭和53年9月12日
所在地 笹尾
保存会 笹尾芸能保存会
代表者 阿武賢治

 約190年前に阿武川の下流(萩市)に水車がたてられ、村の人たちを救うために犠牲になった平助と権太の業績をしのび、義民音頭をつくりおどるようになりました。

もどる