萩夏まつり


8月1日 花火大会 菊ヶ浜海水浴場
2日 よいしょこしょ踊り 田町商店街・吉田町通り
3日 お船謡・住吉みこし 住吉神社〜田町商店街〜吉田町通り〜住吉神社

萩の夏まつりは、毎年8月1日〜3日までの3日間行われます。


 8月1日は大花火大会が浜崎町〜堀内までの菊ヶ浜海水浴場で行われます。台船を使い、3箇所から打ち上げられる花火は壮観です。(2004年は台風10号の影響のため、8/4に順延になりました)

夏の夜空を焦がす、8000発の花火


 8月2日はよいしょこしょ踊りのパレードです。よいしょこしょ節は地元の民謡で、町内会や企業有志、各団体の繰り広げるパフォーマンスはみもの。


無事故を願って・・
のんた大提灯パレード参加者の皆さん

パレードの準備・・
ちょうちんの組み立て

 8月3日はまつりのクライマックス。のんた大提灯を先頭に、商工会議所青年部の引く踊り車、県指定無形文化財のお船謡を乗せた「お船」が住吉神社を起点として、浜崎町〜熊谷町〜田町商店街〜吉田町通りと練り歩き、住吉神社へ。萩夏まつりの最高潮を迎えます。
 最後尾からは威勢の良い住吉みこしが練り歩きます。最後にみこしの「おあがり」でまつりは暑い3日間にピリオドを打ちます。

幻想的な雰囲気の「のんた大提灯」
 
お船謡の奉納
 
まつりのクライマックス「おあがり」

町内を練り歩いたみこしが住吉神社へと戻ってきます。
この後、神殿内で神事が行われるのですが、神殿に入るまでが大変!?なのです。
神殿の前をみこしが行ったり来たり。
神様のお許しが出るまでは何度も何度も神殿入りに挑戦です。


戻る