メールソフトの設定例 (Microsoft Outlook Express の場合)
手順1

ツールメニューからアカウントを選択。

手順2

追加 -> メール を選択。

手順3

From:に表示される送信者名(あなたの名前)を設定。

入力後、次へをクリック。

手順4

メールアドレスを設定。

入力後、次へをクリック。

手順5

受信サーバーと送信サーバーを設定。

受信 -> pop.hagi.jp
送信 -> smtp.hagi.jp

入力後、次へをクリック。

手順6

アカウント名とパスワードを入力。

入力後、次へをクリック。

以上の手順で、メールの「受信」が可能になりました。

本サーバーでは、メール送信時にもユーザ認証が必要なため、次の手順を行ってください。

手順7

手順2の画面から、先ほど設定したアカウントを選択した状態で、プロパティをクリック。

手順8

サーバータブ中の、
このサーバーは認証が必要」にチェックを入れ、OKをクリック。

以上の設定で、メールの送受信が可能になります。

OP25B対策プロバイダ対応法
上記手順でメールの送信が出来ない場合、プロバイダがOP25B対策を実施している可能性があります。この様な場合には、メール送信設定を変更する必要があります。

上記手順7から、詳細設定タブをクリックします。

デフォルトでは左図のように、送信メール(SMTP) の欄は「25」となっています。これを下図のように、「587」 に書き換え、適用(A)または、OKをクリックして設定を変更してください。

以上の手続きで、メールの送信が可能になります。