logo
 検索

高度な検索
 BlogPet
 メインメニュー
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが うぇブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
 ☆Good Job!
 最近読んだ本
うぇブログ - adminさんのエントリ
 adminさんのエントリ配信

2009/04/29
変態NHK・・・要らね。

執筆者: admin (2:31 pm)
偏向・捏造が止まらない!

NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」

どう問題なのかは、以下をご覧頂くとして、
問題点まとめ http://www.geocities.jp/sada5ro/

NHKに対して、不満の意を効果的に伝える方法は、受信料不払い以外にありません。
NHK受信料の支払い義務は法の定めですが、それを楯にとるならば、NHKにも厳密な法の遵守があって始めて成り立つ。と考えます。
では、NHKが国民に受信料支払いは法の規定であり義務です、と言えるほどキチンと法を遵守しているかといえば、実はそうではない。
罰則規定の無い法だから、守らなくても良いという理屈があるなら、NHKの受信料も正にその対象となろう。

皇室典範 第二十三条 天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
          2  前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/keishou.html

ex. 「雅子さま」は法律違反。アウトだ。

受信料不払いは法律違反だから、戦術としてはアウトという奇麗事言いでは何も変わらない。これは国民とNHKの「大喧嘩」なのです。今回も、先に殴ったのはNHK。過去にも偏向番組という鈍器で、NHKは何度も国民を殴りつけてきた。
国民の堪忍袋の緒は切れたのです。法律遵守で受信料を支払っていては、NHKの偏向を認めたことと「同意」と見なされます。少なくとも、NHKはそう見なすでしょう。幾ら苦情を申し立てても、蛙の面に小便。

NHKの受信料支払い義務が法の規定であることに、少なからずNHKの放蕩の原因があると思うております。法で国民に縛りをかけるならば、NHKにはそれ以上に厳しい法の縛りが無ければなりません。
adminさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (2930)
このエントリのトラックバックURL
http://hagi.jp/~y-kaji/modules/weblog/weblog-tb.php/101
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004