logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
 ☆☆☆
県指定: 萩学校教員室  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/18
閲覧数: 4524
サイズは 2.45 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●県指定有形文化財(建造物)

はぎがっこうきょういんしつ
萩学校教員室

選定年月日 昭和44年12月5日
所有者 山口県
所在地 萩市大字堀内
員数 1棟

 萩学校教員室は、明治3年萩明倫館を改組して創立された「萩中学校」の教員室として明治20年(1887)に建てられたもので、萩中学校が堀内に移転した後は明倫尋常高等小学校の教員室や図書館として使用されていた。その後、萩市役所の敷地内に移築され庁舎の一部として使用していたが、昭和44年 (1969)に現在地に再度移築し修復された。

 建物の形式は木造一部2階建て、寄棟造桟瓦葺き、玄関は吹き放し、桁行12.24m、梁間7.28mで軒廻り化粧軒、裏天井である。

 全体に建築当時の外観がよく保存され、その姿も優れていて、萩における明治洋風建築の代表的なものである。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004