logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
 ☆☆☆
県指定: 花月楼  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/18
閲覧数: 5871
サイズは 2.45 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●県指定有形文化財(建造物)

かげつろう
花月楼

選定年月日 昭和54年12月4日
所有者 宗教法人 松陰神社
所在地 萩市大字椿東
員数 1棟

花月楼
 茶室「花月楼」は7代藩主毛利重就が、利休の流れを汲む表千家の家元、第7代如心斎の門人、江戸千家の元祖川上不白の献上した花月楼の設計図にもとづいて、安永5年(1776)三田尻(防府市)の別邸宅に建築したものである。

 重就の没後、その寵愛を受けた御茶堂竹田休和が9代藩主斉房から貰い受けて平安古の自分の敷地内に移築し、その記念に「花月楼之記」を作った。明治21 年(1888)品川弥二郎がこの建物を松本橋のたもとの自宅に移建保存していたものを昭和34年(1959)に現位置に移築した。

 江戸時代中期に考案された花月式の茶会を催すことができるよう設計された茶室が、花月楼形式の茶室である。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004