logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
 ☆☆☆
国指定: 雪峯東山空和尚外集  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/16
閲覧数: 3595
サイズは 2.89 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国指定重要文化財:書跡

せっぽう とうざん くう おしょう げしゅう
雪峯東山空和尚外集 石屏子介手沢本

指定年月日 昭和49年6月8日
所有者 宗教法人 龍蔵寺
所在地 萩市大字椿東
員数 1冊

 本書は、南宋初期禅林の黄龍派4世雪峯慧空の語録に入らない偈頌・法語真讃・書簡を編集したものである。著者は明らかではないが、書風・料紙から元時代 (1271-1368) の書写と考えられる。入元僧石屏子介の印が押されているところから、石屏が入元中に取得した手沢本と解される。縦 28.6cm、横 16.8cm、紙数墨付44枚に紙綴装仮綴本である。
 石屏子介和尚は大内氏に招かれて山口の香積寺の開山となり、後に龍蔵寺再興の開山となった人物である。
 この外集はわが国においては貞和3年(1347) に刊本が行われているが、本書はその伝来を明らかにする元時代の書写の将来本として非常に珍しい禅籍である。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004