logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 問田益田氏旧宅土塀  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/19
閲覧数: 5485
サイズは 2.51 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定有形文化財

といだますだし きゅうたく どべい
問田益田氏旧宅土塀

選定年月日 昭和37年12月24日
所有者 山田正次
所在地 萩市大字堀内
員数 1棟

問田益田氏旧宅土塀
 問田益田家は永代家老益田家の分家筋にあたり給領地(4,096石余)を問田(現山口市)に持っていたのでこう呼ばれた。

 この土塀のある堀内地区は旧萩城三の丸にあたり、高い土塀を巡らした重臣たちの屋敷が建ち並んでいた所である。現在、この地域は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、土塀が数多く残っている。なかでもこの土塀は延長231.7mあり、往時の姿を最もよくとどめている。

 土塀の構造は下部の石垣部と上部の塗壁に分かれており、石垣部分は高さ約1m、幅1.1m、上部の塗壁部分は高さ1.45m、幅0.8m、本瓦葺きの堂々たるものである。藩政時代この一帯の塀壁はすべて白壁で天気の良い日にはまばゆいほどであったと伝えられている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004