logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 端坊梵鐘  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/22
閲覧数: 3455
サイズは 2.63 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定有形文化財:工芸品

はしのぼう ぼんしょう
端坊梵鐘

選定年月日 昭和49年3月23日
所有者 宗教法人 端坊
所在地 萩市大字恵美須町
員数 1口

 この梵鐘は青銅製で総高1.465mのかなり大きな日本鐘である。龍頭の高さ32.5cm、幅(最大)31.8cm、厚さ9.6cm、口径 83.9cm、口辺の厚さ10.5cm、乳廓4か所、廓内4段4列64個の乳を有している。撞座の径7.2cm、八葉複弁の蓮華座である。池の間撞座の左に陰刻の銘文がある。

 この銘文は13世住職明琢の撰で、鐘は貞享3年(1686) 3代藩主吉就が鐘楼とともに時鐘として寄進したことがわかる。萩では幕府の許可を得て初めて設けられた時鐘で、諸士から時鐘料を徴収した。鐘は城下町に鳴り渡るように鐘楼の3階上高く吊られていた。

 作者は藩の御細工人、鋳物師郡司喜兵衛信安で郡司一族を代表する近世の名工である。

地図 yahoo map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004