logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 玉木文之進旧宅  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/23
閲覧数: 3126
サイズは 2.46 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定史跡

たまきぶんのしんきゅうたく
玉木文之進旧宅

選定年月日 昭和39年3月28日
所有者 萩市
所在地 萩市大字椿東
指定面積 307.66m2

 この旧宅は松下村塾や吉田松陰誕生地ともほど遠くない所に位置している。

 建物は木造茅葺き平屋建てで、41.76m2、8畳の座敷のほか4畳の畳部屋、3畳半の玄関、4畳半の板間と土間の台所がある。別に湯殿・便所がある。

 玉木文之進は吉田松陰の父杉百合之助の末弟で吉田松陰の叔父にあたり、杉家から出て玉木家(大組40石) を継いだ。生来学識に優れ、付近の児童を集めて 教授し松下村塾と名付けた。この塾の名称は後に久保五郎左衛門が継ぎ、安政2年(1855) には松陰が継承して、名を天下に揚げるに至ったところから、この旧宅を松下村塾発祥の地ということができる。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004