logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 藍玉座跡土塀  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/23
閲覧数: 4529
サイズは 2.28 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定歴史的景観保存地区

あいだまざあとどべい
藍玉座跡土塀

指定年月日 昭和56年3月10日
所在地 萩市大字江向
指定面積 631.8m2

 指定地域は藍場川の下流、かつて藍玉座があった場所を中心に、その周囲の土塀(高さ2m、長さ北面で63m、西側41m) を含んだ一帯である。藍玉座は明和年間(1764〜71) 藩によって開設された藍色の染料の元となる藍玉を製造したところで、内部には現在でも大きな井戸が残っている。

 北側土塀の外には道路を隔てて藍場川が流れ水車筋に沿って北に曲がる所の川幅が広くなっている。通航する川舟が方向転換するために設けられた舟まわしと呼ばれるものである。これ等藍玉座跡土塀と川の織りなす景観は歴史的雰囲気をよく残している。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004