logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 益田館  
執筆者: admin
発行日付: 2010/3/27
閲覧数: 2434
サイズは 2.58 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定有形文化財

ますだやかた
益田館

指定年月日 昭和57年2月26日
所有者 萩市
所在地 萩市大字須佐
員数 1棟

益田館
 関ヶ原の戦いに敗れた毛利輝元に従って須佐に移った益田家第20代元祥は、慶長8年(1603)に三宅(島根県益田市)にあったお土居(屋敷)の別館を解体して船で運び、移築して館(居宅)とした。現在の益田館は、明治7年(1874)に改築されたもので、藩政時代に比べ半分ほどに縮小され、表門や付属屋は失われているが、主屋と四脚門桟瓦葺の中門が遺存している。
 主屋は式台を設けた玄関のある座敷とこれに続く部屋、土間があり、座敷部分は木造平屋建入母屋造桟瓦葺で桁行11m、梁間10m、居室部分は木造平屋建(一部二階)切妻造桟瓦葺で桁行22m、梁間14mである。座敷から居間へは廊下で通じている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004