logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
 ☆☆☆
市指定: 武氏八幡宮社叢  
執筆者: admin
発行日付: 2010/3/27
閲覧数: 2408
サイズは 2.42 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●市指定有形文化財

たけうじはちまんぐうしゃそう
武氏八幡宮社叢

指定年月日 昭和63年3月17日
管理団体 宗教法人 武氏八幡宮
所在地 萩市大字上小川

武氏八幡宮社叢 武氏八幡宮の社殿を中心とした境内地は、常緑広葉樹の老木巨樹が多く、自然の植生をよく保存している。
特に、社殿の裏にはスダジイ(ブナ科シイノキ属)の巨樹があり、根元から7本の枝にわかれ、その大きさは目通り周囲2.2m、2.3m、3.4m、0.9m、0.9m、0.4m、0.6mで、全体としての目通り周囲5.0m、根廻り周囲は8.0mに及んでいる。
このほかに、タブノキ(クスノキ科タブノキ属)、イチイガシ(ブナ科アカガシ亜属の常緑高木)、シラカシ(ブナ科アカガシ亜属の常緑高木)などの巨樹が林立している。
このお宮は、守護大名大内氏の祈願所であり、また古くから地域の人々の信仰の中心として歴史の重みを今に伝えている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004