logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
 ☆☆☆
国指定: 指月山  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/18
閲覧数: 6676
サイズは 2.47 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国指定天然記念物

しづきやま
指月山

指定年月日 昭和46年3月16日
所有者 萩市
所在地 萩市大字堀内
指定面積 19.1ha

 指月山は日本海中の独立山で、本土との間にできた砂嘴によってつながれた陸繋島である。山体は花こう岩でできていて、海抜143mである。
 防長二州に封ぜられた毛利氏はこの山麓を埋め立てて築城し、慶長13年(1608) に完成したが、このときから300年にわたる藩政時代を通じて、その森林は城内林として保護され、そのまま維持されて今日に至っている。このため山体を覆う森林はよくその姿をとどめ、温暖帯照葉樹林として日本でもまれにみる成熟した森林である。これらの樹林は周囲6.4mもあるクスノキをはじめ、シイ・ツバキ・イスノキなどの常緑広葉樹に多少の落葉樹が混生している。このほかサザンカの群生がみられ、その自生北限地となっている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004