logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
 ☆☆☆
国指定: 萩市浜崎伝建地区  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/18
閲覧数: 4374
サイズは 2.82 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国選定重要伝統的建造物群保存地区

はぎし はまさき でんけんちく
萩市浜崎伝建地区

選定年月日 平成13年11月14日
所在地 萩市大字浜崎町ほか
指定面積 10.3ha

▲浜崎本町筋 旧山村船具店
 選定地区は萩城下三角州北東端に位置し、東西約320m、南北約520mの範囲で、藩政時代は廻船業と水産加工業で栄えた町であった。

 地区内には藩政時代から昭和初期にかけての伝統的建造物が100棟以上現存しており、なかでも藩政時代に遡ると推定される主屋や土蔵は44胸を数える。

 主屋の一般的な形式は切妻造り平入2階建で角地では入母屋造りとなっている。また戸口は蔀戸や潜り戸の付いた大戸を設けている。窓の形式は虫籠窓や出格子など建てられた時代によって異なっており変化ある表構えになっている。

 藩政時代から近代にかけての伝統的建造物が数多く残り、特色ある歴史的景観をよく伝え、わが国にとっても価値が高いものである。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004