logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
 ☆☆☆
国指定: 菊屋家住宅  
執筆者: admin
発行日付: 2006/5/15
閲覧数: 14340
サイズは 3.80 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国指定重要文化財:建造物

きく や け じゅう たく
菊屋家住宅

指定年月日 昭和49年5月21日
所有者 財団法人 菊屋家住宅保存会
所在地 萩市大字呉服町一丁目
員数 5棟

 菊屋家の先祖は、毛利氏に従い広島から山口に移って町人となり、さらに萩城の築かれた慶長年間に萩に移ったといわれ、後には藩の御用達を勤めるほか、その屋敷は幕府巡見使の宿として本陣にあてられてきた豪商であった。

【主屋】
 主屋の建築年代は明らかではないが、家に伝わる勤功書や建築手法からみて承応元年(1652)から明暦3年(1657)までの間に建てられたものと考えられる。
 桁行 13.0m、梁間 14.9m、切妻造り桟瓦葺きで居室部は前寄り一間半を「みせ」とし、その奥は土間寄りに役向きの部屋が3部屋設けられている。その上手は東に面して座敷2部屋があり、南寄りに家族の生活の場が間取りされている。
 全国的にみても現存する大型の町屋としてその価値は極めて高い。

【本蔵】
 本蔵は主屋の後方にあり、土蔵づくり桁行 11.7m、梁間 4.8m、2階建て、切妻造り桟瓦葺き土蔵で、建築年代は明治ごろと思われる。

【金蔵】
 金蔵は本蔵の後方で、屋敷西側の道路に側面して建っている。桁行 6.1m、梁間 4.2m、2階建、切妻造り桟瓦葺き土蔵で、建築年代は江戸中期から後期のものと思われる。内部には板石囲いの地下室が設けられている。

【米蔵】
 米蔵はさらに後方の道路に沿って建っている。桁行 11.8m、梁間 4.0m、切妻造り桟瓦葺き土蔵で、内部は石敷きの床であるが、以前は床板の建物であった。建築年代は19世紀ごろと思われる。

【釜場】
 釜場は金蔵の東側にある桁行 6.0m、梁間 4.0m、切妻造り桟瓦葺きの小規模な建物で、北面は吹き放し、ほか三方は土大壁である。19世紀初めごろの建築と思われる。

 これらの屋敷は、主屋が極めて古く、蔵その他の付属屋も屋敷構えの一環として貴重であり、主屋と数棟の蔵が建ち並ぶ西側の景観は「国指定史跡萩城城下町」の地域内にあって重要な構成要素の一つをなしている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004