logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
 ☆☆☆
国指定: むつみ村役場旧庁舎  
執筆者: admin
発行日付: 2009/8/26
閲覧数: 3490
サイズは 2.67 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国登録有形文化財

  そんやくばきゅうちょうしゃ
むつみ 村役場旧庁舎

指定年月日 平成9年6月12日
所有者 萩市
所在地 萩市大字吉部上

むつみ村役場旧庁舎画像
 むつみ村役場旧庁舎は明治28年(1895)に吉部村役場として建設、昭和30年(1955)に吉部村と高俣村が合併しむつみ村となり、昭和60年(1985)に新庁舎が建設されるまで90年以上に渡りむつみ村役場本庁舎として使用されてきた。
 木造二階建寄棟造、桟瓦葺、桁行14.773m、梁間7.879mの旧庁舎は、長方形平面の妻側中央に車寄が取り付き、当初は1階の内部に十字形の土間を設け、周りの板敷き床との境に棚やカウンターが取り付けられていたことが柱や框の痕跡より解る。また2階は奥1間半を和室とし、それ以外を一室の大広間としていた。カウンターの撤去・階段の位置の変更・間仕切の変更等の改築が行われているものの、主要部材はほとんどが健全な状態で残っている。
 この庁舎は建築年代が判明している山口県内の役場の中では最古のものである。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004