logo
 検索

高度な検索
 メインメニュー
 萩の文化財上位10件
 テーマ選択

(3 テーマ)
 オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 萩の文化財 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
 ☆☆☆
国指定: 木造 聖観音立像  
執筆者: admin
発行日付: 2000/1/1
閲覧数: 3875
サイズは 2.54 KB
印刷用ページ 友達に教える
 
●国指定重要文化財:彫刻

もくぞう しょうかんのんりゅうぞう
木造 聖観音立像

指定年月日 明治35年7月31日
所有者 宗教法人 南明寺
所在地 萩市大字椿
員数 1躰

 本像は、南明寺山腹にある天台宗日輪山南明寺の本尊である。
 像高153cm、ヒノキ材一木彫、胡粉彩色、彫眼の像であるが、肘・手首・天衣は別木でつないでいる。肩の張りの肉付きはよく、平安初期の手法を存しているが細長の肉身や衣文の彫りの浅さなどから平安後期の造りと思われる。台座裏に寛永20年(1643) 10月、毛利秀就の寄進で京都の仏師が修理したと記された墨書銘があるので、おそらく光背や台座はその時の作と思われる。
 この像は、千手観音立像とともに長い間、南明寺に安置され25年ごとに開帳されていたが、現在は山麓にできた収蔵庫に収められている。

地図 google map

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る


本サイト中のコンテンツについて、その権利はそれぞれの権利者に帰属します。無断転載、転用はいけませんヨ!
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 since 23 Apr. 2004