indeximage

吉部八幡宮のスギ


●県指定天然記念物

きべはちまんぐう
吉部八幡宮 のスギ

指定年月日 昭和53年12月22日
所有者 宗教法人 吉部八幡宮
所在地

萩市大字吉部上


吉部八幡宮のスギ  吉部八幡宮は、延長8年(930)豊前国宇佐宮より吉部宮丿原に勧請され、その後建久年間(1190〜1198)に現在地亀尾山に奉還されたと伝えられている。吉部八幡宮の境内の参道を登ると、中段の参道の左右に2本、上段本殿に向かって右側に1本、計3本のスギがある。スギの樹齢は約500年と推定され、近郷には見られない巨木である。
本殿に向かって
○中段参道左側のものは、
 目通り周囲6.9m・樹高約33m
○中段参道右側のものは、
 目通り周囲6.7m・樹高約31m
○上段本殿右側のものは、
 目通り周囲6.3m・樹高約34m
であり、いずれも樹勢は旺盛であるが、中段参道右側のものは梢の部分が少し枯れている。  国指定・県指定とも全国的にみて、目通り周囲7〜8mのものが最も多く、このスギは必ずしも最大級とはいい難いが、一社地にこのような巨木が3本揃っていることは珍しい。

地図 google map






日付:  2010/3/27
カテゴリ: 県指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=134