indeximage

旧福原家書院


●市指定有形文化財

きゅうふくはらけしょいん
旧福原家書院

選定年月日 昭和42年12月25日
所有者 宗教法人 志都岐山神社
所在地 萩市大字堀内
員数 1棟

旧福原家書院
 福原家は厚狭郡宇部(現在宇部市)に給領地(11,314石余)を持つ萩藩の永代家老として代々重きをなしていた。

 この建物は堀内(三の丸)にあった萩屋敷内の書院で、明治15年(1882)に志都岐神社の社務所として移されたものである。

 屋根は寄棟造り桟瓦葺き、桁行10.57m、梁間7.1mで北面に桟瓦葺きの庇をつけている。

 内部は全体を二つの部分とし、上段10畳の間を桜の間と呼び書院床・書院窓を設けている。床は幅が広く奥行きの浅い典型的な書院造りである。下段10畳の間は紅葉の間と呼ばれ、それぞれの襖に有地含章筆になる桜と楓の絵が描かれている。建築年代は天明年間(1781〜88)ごろと思われるが当時の重臣の住居を知る上で貴重な建物である。

地図 google map






日付:  2006/5/19
カテゴリ: 市指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=204