indeximage

明倫館遺構 聖廟


●市指定有形文化財

めいりんかんいこう せいびょう
明倫館遺構 聖廟

選定年月日 昭和48年2月13日
所有者 宗教法人 海潮寺
所在地 萩市大字北古萩
員数 1棟

明倫館遺構 聖廟
 藩校明倫館の聖廟の遣構は現在、総源山海潮寺の本堂となっている。海潮寺は明治7年(1874)に山門と蔵とを残して焼失したため、この聖廟を買収して翌8年秋に移築し、本堂として再建した。

 藩政時代、全国の藩校では構内に壮大な聖廟を造営し、孔子を学神として祀るのを理想としていた。明倫館もその例にもれず、嘉永2年(1849)江向に再建された時、敷地の中心部に南面して造営され、宣聖殿と称した。

 建物は木造入母屋造り本瓦葺きで桁行17.28m、梁間9.6m、中央部正面に入母屋造り本瓦葺きの入口のある前室が張り出している。聖壇には孔子の木主を祀っていた。全体としてよく旧態を保ち江戸時代末期の聖廟建築として貴重なものである。

地図 google map






日付:  2006/5/19
カテゴリ: 市指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=209