indeximage

不動明王立像


●市指定有形文化財:工芸品

ふどうみょうおう りゅうぞう
不動明王立像

選定年月日 昭和51年6月10日
所有者 宗教法人 南明寺
所在地 萩市大字椿
員数 1躰

 本像は総高103cm、像高91cmの忿怒相の籐製不動明王像である。左目を下向き、右目は上向きに見開いた天地眼で、鼻は巨大な団子鼻、歯で唇をかみ しめている。牙は現在失われているが、一文字に結んだ口の両端に右牙を上、左牙を外に出していたと思われる。右手に宝剣、左手に索を持ち、腰を右にひねっ て岩座に立っている。

 像を納めた厨子には造立札が添えてある。これによると寛永20年(1643)に藩の当職益田玄蕃頭元堯が寄進したもので、作者は竹工蔵増河内守信久であ る。この像の最大の特徴は本体の材質がすべて籐でできていることである。また、作者、寄進者及ぴその年代も明確であり、このような像は全国的にも珍しく、 資料的価値の高い作品といえる。

地図 google map






日付:  2006/5/22
カテゴリ: 市指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=223