indeximage

大井八幡宮文書


●市指定有形文化財:古文書

おおいはちまんぐうもんじょ
大井八幡宮文書

選定年月日 平成9年4月25日
所有者 大井八幡宮
所在地 萩市大字堀内
員数 14点

 大井八幡宮は古くから中世末期まで、長門国阿武郡の惣社として、阿武郡全域の住民はもちろん、当時の支配者からも崇敬されていた。

 文書は鎌倉時代の嘉暦4年(1329) の宛行状を初めとした百余点からなるが、そのうち元亀元年(1570) までの14点の文書は特に鎌倉時代から戦国時代にかけての同社の社領・造営・祭事に関するもので、神社関係の文書としては最も早い時代に属する。また、祭礼に関する文書は詳細で、中世における本社の阿武郡における惣社的性格を示唆するのみならず、ひいては阿武郡における大井郷の位置、すなわち中世の阿武地方の歴史を把握する上でも貴重な文書である。現在、萩博物館の寄託されている。

地図 yahoo map






日付:  2006/5/22
カテゴリ: 市指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=225