indeximage

吉田松陰の墓ならびに墓所


●市指定史跡

よしだしょういんのはかならびにぼしょ
吉田松陰の墓ならびに墓所

選定年月日 昭和47年2月9日
所有者 杉 丙三
所在地 萩市大字椿東
指定面積 313.8m2

 吉田松陰の墓は松陰誕生の地に隣接し、団子岩と呼ばれる小高い風光明媚な所に建っている。

 墓碑は高さ0.8m、幅0.45m、礎石からの高さ1.6mの花こう岩質の自然石で作られている。

 表に「松陰二十一回猛士墓」、裏に「姓吉田氏、称寅次郎、安政六年己未十月二十七日於江戸歿、享年三十歳」と刻まれている。

 万延元年(1860) 2月7日は松陰の没後百ヵ日に当たるので、生家の杉家では百ヵ忌を営み遺髪を埋めて造られたものである。墓前には、門人17名が寄進して、その名を公然と刻んだ石製水盤、花立、燈籠が供えられている。

 また、この墓所には杉家、吉田家、玉木家、久坂家一族と高杉晋作などの墓が立ち並んでいる。

 幕末の日本史上に影響を与えた松陰と係わりの深い人々との墓所として歴史的に重要である。

地図 google map






日付:  2006/5/23
カテゴリ: 市指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=236