indeximage

見島ジーコンボ古墳群


●国指定史跡

みしま じーこんぼ こふんぐん
見島ジーコンボ古墳群

指定年月日 昭和59年7月25日
所有者 国・萩市
所在地 萩市見島
指定面積 1.2ha

 見島ジーコンボ古墳群は、萩港沖約45kmの日本海上に浮かぶ見島にある考古遺跡である。本村の東方高見山から晩台山に至る横浦海岸一帯に、長さ約300m、幅50mから100mにわたって分布している。
 古墳の数はおよそ200基、現在石槨を残しているものだけでも160基はあり、このほかに破壊されたものや未発掘のものも相当数あると思われる。海浜の比較的大きな玄武岩の礫を利用して、封土を用いずに造った積石塚でその密度は、全国でもまれな集団古墳群である。
 この古墳群は7世紀後半から10世紀初頭にかけて造られたもので、被葬者は地理的位置からみてこのころの対外関係のための前進基地として駐留していた高度の文化をもった指揮官クラスの人々ではないかと考えられる。

地図 google map






日付:  2006/5/17
カテゴリ: 国指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=27