indeximage

明神池


●国指定天然記念物

みょうじんいけ
明神池

指定年月日 大正13年12月9日
管理団体 萩市
所在地 萩市大字椿東
指定面積 11,788m2

 明神池は笠山(標高112m) と本土との間に砂州ができて陸続きになったとき埋め残され、大池・中の池・奥の池の3部分からなる海跡湖となった。その後も池の水は溶岩塊の隙間を通して外海とつながっており、外海の干満に応じて池の水も増減する。
 池にはマダイ、クロダイ、メジナ、スズキ、イナ(ボラ)・メバル・イサキ・コノシロ・カワハギ・フグ・エイなどの磯付魚類が生息している。なかでもクロダイ・メジナ・イナ・コノシロなどは池で盛んに孵化し、春には池の周囲に稚魚が集まり黒色を呈する。なお、水面にはシオアメンボが見られるが、これは日本海岸における唯一の産地で、明神池は本種の分布北限となっている。

地図 google map






日付:  2006/5/17
カテゴリ: 国指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=29