indeximage

萩市平安古伝建地区


●国選定重要伝統的建造物群保存地区

はぎし ひやこ でんけんちく
萩市平安古伝建地区

選定年月日 昭和51年9月4日
所在地 萩市大字平安古
指定面積 4.0ha

▲坪井九右衛門旧宅
 選定地区は橋本川に沿った東西約150m、南北約300mの範囲で、藩政期の地割りをよく残している。かつて重臣の多くは三の丸に住んでいたが、平安古・江向・土原方面の開墾が進むにつれて武家住宅もふえていった。

 現在、この地域には毛利一門の右田毛利家 (16,000石余) の下屋敷をはじめ、寄組児玉家 (3,084石)、粟屋家 (691石) や大組町田家 (66石) などの屋敷跡か今も往時の面影を残している。特に幕末藩政に活躍した坪井九衛門 (157石) の旧宅は、長屋門付近から土蔵・本邸の式台・庭まわりなどによく旧状を残している。また、この地域には左右を高い土塀で囲み、見通しのきかない「鍵曲」といわれる鍵手形道路が残っている。

地図 google map






日付:  2006/5/18
カテゴリ: 国指定
本記事のURLは: http://hagi.jp/~y-kaji/modules/xfsection/article.php?articleid=35